賃貸オフィスで費用を抑える【安く事務所手に入れる】

賃貸でオフィスを

賃貸オフィスの歴史について

賃貸オフィスが最近流行っています。賃貸オフィスと普通のテナントとの違いは、通常のテナントが空間を貸すのに対して、賃貸オフィスは空間のみならず、通常事務所で使うはずの机やイス、ロッカーやオフィス機器などのレンタルもセットで行う所に特徴があります。 賃貸オフィスが日本に入ってきたのは1990年代ですが、当時日本には似たような形態のものに机貸しがありました。机貸しは空間は貸さずにオフィスに必要な机やイス、コピー機などの機器の貸し出しを行っていたのです。 賃貸オフィスは、機器などを揃えていることから経費をかけたくない企業にとってはとても重宝していました。それによりいままでより賃貸オフィスの人気が出てきたのです。

それから派生したもの

賃貸オフィスはこのように日本でも、人気が出たため、やがていろいろなものに形を変えていきました。 カタチを変えたものの一つにバーチャルオフィスというものがあります。これは、会社の住所を東京都などにしておきたいときに利用するものです。 都内に会社があることでそれが会社の信頼に繋がる業種もあるからです。 バーチャルオフィスの場合は、実際の事務所が都内にないことが多く、地方などにあるため問題が生じるということがあります。例えば、郵便局がバーチャルオフィスの住宅に届いてしまった場合にはその郵便物を実際に事務所のある場所に届けなくてはいけなくなります。そこで、バーチャルオフィスのサービスの一つに郵便物の転送サービスがあるのです。